人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。(マタイ16章26節) 

「いのちの歌」という曲をご存知でしょうか。少し長いですが、歌詞を紹介します。

♫生きてゆくことの意味  問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ
この星の片隅で  めぐり会えた奇跡は どんな宝石よりも たいせつな宝物
泣きたい日もある  絶望に嘆く日も そんな時 そばにいて  寄り添うあなたの影
二人で歌えば 懐かしくよみがえる ふるさとの夕焼けの  優しいあのぬくもり
本当にだいじなものは隠れて見えない
ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある
いつかは誰でも この星に「さよなら」をする時が来るけれど  命は継がれてゆく
生まれてきたこと 育ててもらえたこと 出会ったこと  笑ったこと
そのすべてにありがとう この命にありがとう♪ (作詞・竹内まりあ、作曲・村松崇継)

冒頭の聖句は、主イエスの言葉です。どんなに大金を稼ぎ、全世界を手にいれたとしても、命があって生きていればこそです。死んでしまったら、何の意味もありません。なのに、目に見える物やお金を第一に優先してしまいます。人間の哀しさと愚かさですね。本当にだいじなもの、それは命です。その命を与えて下さる神も目には見えません。隠れていて見えません。だから、つい神を忘れたり、神などいないと考えてしまうのです。そして、目に見える物や、それらへの欲に捕らわれ支配されてしまうのです。そんな時、上記の歌に耳を傾けると、本当にだいじなものに気づかされます。

主イエスの例え話に、「愚かな金持ち」があります(ルカ12章13~21節)。
ある人の畑が大豊作で、収穫した作物をしまっておく場所がありません。余った作物を貧しい人々に分け与えたでしょうか。いいえ、彼は倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産を全部しまいこみます。そして、「さあ、これから先何年も生きていけるだけの蓄えができたぞ。食べたり飲んだりして楽しめ」と自分に言います。すると神は、「愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。そうしたら、お前が用意した物は、いったい誰のものになるのか」と言われました。この人の愚かさを、他人事と笑えるでしょうか。命は自分のものと言うより、神のものです。生かされているこの命にありがとう、命を支えて下さる神にありがとう。そして、すべての人や物にありがとう、と言いたいのです。(2021年4月5日)