東京都中野区のプロテスタントの教会 キリスト集会
ブログ

花かご

花かご「花かご」という表題は、賛美歌第2編26番から取りました。 ♪小さなかごに花を入れ さびしい人にあげたなら 暗い胸も晴れるでしょう 愛のわざは小さくても 神の御手が働いて 悩みの多い世の人を 明るくきよくするでしょう♪ そんな思いで、小文を綴っていきます。

見えないものに目をそそぐ

わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。 (Ⅱコリント4章18節) 依然として新型コロナウィルスの蔓延拡大は終息する兆しが見えません。そんななか今日、与えられた聖句です。この前の節でパウロは「外なる人 …

信仰によって生きる -5-

信仰によって、エノクは死を経験しないように、天に移さ れました。神が彼を移されたので、見えなくなったので す。移される前に、神に喜ばれていたことが証明されていたからです。 (ヘブライ11章5節) 創世記5章に、エノクの事 …

信仰によって生きる -4-

信仰によって、アベルはカインより優れたいけにえを神に献げ、その信仰によって、正しい者であると証明されました。…アベルは死にましたが、信仰によってまだ語っています。 (ヘブライ11章4節) 信仰によって生きた先祖たち(旧約 …

信仰によって生きる -3-

信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。(ヘブライ11章3節) 今年も終わりに近づきました。1年前の12月には想像すら …

クリスマスによせて

「然り、わたしはすぐに来る。」 アーメン、主イエスよ、来てください。(ヨハネ黙示録22章20節) クリスマス前4週間をアドベントと言います。アドベントは「到来」を意味するラテン語から派生した語で、救い主キリストの到来を待 …

信仰によって生きる -2-

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。(ヘブライ11章1節) ヘブライ書は手紙とされていますが、差出人の名前も宛先の名前も書かれていません。そして、この書の執筆者も不詳です。少なくともパウロが …

信仰によって生きる -1-

わたしの正しい者は信仰によって生きる。 (ヘブライ10章38節) 信仰によって生きることこそ、私たちの使命(ミッション)であり、目標です。聖書の中心主題も、そこにあります。ところで、信仰は受け取るもの、いただくものです。 …

雅歌を読む -05-

愛は死のように強く 熱情は陰府のように酷い。 火花を散らして燃える炎。 大水も愛を消すことはできない。 洪水もそれを押し流すことはできない。 愛を支配しようと 財宝などを差し出す人があれば その人は必ずさげすまれる。(雅 …

雅歌を読む -04-

雅歌には、若者とおとめの間の愛が描かれていますが、そこには成熟と進展が見られます。それについて述べている小川礼一著『愛の歌』を引用します。 Aわが愛する者はわたしのもの、わたしは彼のもの。 (雅歌2章16節) Bわたしは …

雅歌を読む -03-

わたしはシャロンのばら、野のゆり。 (雅歌2章1節) これは誰の言葉でしょうか。新共同訳では、主人公のおとめの言葉だとしています。しかし讃美歌512番では、♫イエス君の麗しさよ、あしたの星か谷のゆり♫と、主イエスの言葉と …

1 2 3 8 »
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.