東京都中野区のプロテスタントの教会 キリスト集会

特徴・沿革

キリスト同信会の特徴

キリスト同信会は、教職者制度、教会員制度をもたず、ひたすらイエス・キリストを仰ぎ、賛美、礼拝を捧げるキリスト集会です。正会員と客会員の区別を設けず、月定献金制度もありません。聖書にしるされているように、先生はキリストお一人で、互いを兄弟姉妹と呼び合っています。礼拝に集う者の肩書、地位や過去などは問いません。神がすべてをご存知ですから、それで十分です。「イエスをキリスト(救い主)と信じる人はどなたでも一緒に礼拝しましょう」との思いから「キリスト同信会」と名付けられました。主の十字架の死を覚えてパンを裂くことを、礼拝の中心としています。
礼拝のながれ」も参照ください。

沿革

H.G.ブランド夫妻

H.G.ブランド夫妻

英国出身で、プロテスタントの流れをくむプリマス・ブレズレンの集会に交わっていたH.G.ブランド(ハーバート・ジョージ・ブランド1865~1942年)は大学の神学部を卒業するとすぐ、伝道の志を抱いて日本に渡りました。そして、1889年(明治22年)10月、7人の青年と共にパンを裂く礼拝を始めました。キリスト同信会はそこから始まります。
彼は宣教師でしたが、支持団体である宣教組織を何も持たない点で、多くの宣教師と異なっていました。支援団体から派遣されたのではなく、自費伝道でした。さらに日本において待ち受ける集会も信徒もいませんでした。ただ主キリストだけを頼りにして、イギリスを出帆したのです。集会を始めた彼のもとに有為の青年らが集い、3年後70名が主キリストによって集められていました。その中に五十嵐健治乗松雅休がいました。

五十嵐健治

五十嵐健治

五十嵐健治は1906年(明治39年)白洋舎を創業。日本で初めてドライクリーニングの開発に成功し株式会社に改組しましたが、その経営方針はあくまで信仰を土台としたものでした。1941年に太平洋戦争が起こると社長の座を譲り、残りの生涯はキリストを宣べ伝えることに捧げています。
乗松雅休は神学生として教会で奉仕していましたが、ブランドの許に移りました。そして1896年12月の厳冬期に、単身、朝鮮(今の韓国)に渡ったのです。日本から出た最初の海外宣教師でした。乗松もブランドと同じく、背後で支える組織を一切持たず、主キリストだけを頼りにして朝鮮に渡りました。キリスト同信会の特徴がそこに示されています。

1889年(明治22年) H.Gブランドによるパン裂き礼拝が始められる。
1895年(明治28年) 五十嵐健治(白洋舎創業者)がキリスト同信会の中島佐一郎から受洗(19歳)。
1896年(明治29年) 乗松雅休が伝道のため朝鮮に渡る。
1902年(明治36年) 月刊の「をさなご」誌を創刊、8年後に「恩寵と真理」に改題。現在まで続いている。
1921年(大正10年) ブランド夫妻神戸から帰英。送別大集会が開かれ260名が参集。
1923年(大正12年) 関東大震災により神田錦町集会所が焼失。翌年3月にバラックを再建。8年後の1931年(昭和6年)に錦町集会所を新築。
1949年(昭和24年) 中野区中野の現在地に東京集会所建設。
1963年(昭和38年) 二階建ての新会堂建設。
2004年(平成16年) 現在の集会所が新築された。

伝道者の紹介(イエス・キリストを宣べ伝える者として伝道者と呼びます)

浜田耕司郎

浜田兄姉香川県高松市出身。高校生の時、倫理社会の授業で聖書とキリスト教について聞き、興味を持ちました。その後、病気と手術の中で救いを求め、大学1年生の時、イエス・キリストを自分の救い主と信じ受洗。その後、神学校に学び、卒業後、山形県にある長井聖書バプテスト教会で牧師として仕えました。その中で思い悩んだのが、「礼拝、すなわち説教を聞くこと」となってしまう教会の現実でした。本来の礼拝について追い求め、1990年4月にキリスト同信会に移りました。会堂に居住していますので、どんな事でもご相談ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.