東京都中野区のプロテスタントの教会 キリスト集会
オリーブの集い
  • HOME »
  • オリーブの集い
  • 年: <span>2018年</span>

年別アーカイブ:2018年

オリーブの集い No.11 2018年12月2日

創世記11章
説教者:浜田 耕司郎

世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。(創世記11章1節)

世界には多くの言語があります。なぜでしょう。それについて聖書は、「バベルの塔」の出来事が原因だと教えています。お互いに心を通じ合わせることが難しくなっている現代、その原因と解決を聖書から学んでみませんか。

 

オリーブの集い No.10 2018年10月7日

創世記10章
説教者:浜田 耕司郎

ノアの子孫である諸氏族を、民族ごとの系図にまとめると以上のようになる。(創世記10章32節)

聖書はすべて神の言葉ですが、できれば飛ばしてしまいたい章があります。
その1つが、今回読む民族と系図のリストです。そのような箇所からもメッセージを読み取りましょう。

 

オリーブの集い No.9 2018年8月5日

創世記9章
説教者:浜田 耕司郎

雲の中に虹が現れると、わたしはそれを見て・・・・すべての肉なるものとの間に立てた永遠の契約に心を留める。(創世記9章16節)

虹(にじ)は雨の後、地と空との間にかかります。
英語で虹はRainbow=雨rain弓bowで、地と天を結ぶ弓の様が思い浮かびます。
平和の契約である虹をご覧になる神の七色の眼差しと、そこに込められた神の愛を、創世記9章から読みます。

 

オリーブの集い No.8 2018年6月3日

創世記8章
説教者:浜田 耕司郎

ノアは主のために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす献げ物として祭壇の上にささげた。(創世記8章20節)

箱船の中で丸1年生活し、「さあ外に出なさい」と言われたノアたち。どんな思いだったでしょうか。
そこから出て、ノアが最初にしたことは、「主のために」祭壇を築くことでした。何よりも最優先したのが、神への礼拝でした。

 

オリーブの集い No.7 2018年2月4日

創世記7章
説教者:浜田 耕司郎

主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた。(創世記7章16節)

大洪水が来ることを警告し、箱船に入るようにとノアは語り続けました。
しかし、誰も信じません。ついに、猶予の期間は終わり、箱船の戸は閉じられました。恵みの時は終わります。私たちの人生に於いても同じなのです。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3361-1744 〒164-0001 東京都中野区中野1-45-12

年別アーカイブ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.